ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品と成分や規格が同じとして承認された医薬品(後発医薬品)です。 「新薬」として発売されると、薬の特許期間がきれるまで開発メーカーが独占的に製造販売できるのですが、その特許期間がきれると、他のメーカーでも同じ効果の薬を製造できるようになります。これが「ジェネリック」で、純正のものより激安でご購入いただけます。

ジェネリックをおススメする理由

Return Top