ジェネリック医薬品とは?

フィンペシア

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの特徴
rloXyNE
フィンペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬です。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの働きを抑える作用があり、元々、前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、脱毛症への効果が認められたためにAGA治療薬として注目されるようになりました。
AGAの原因の一つとして、男性ホルモン、特にDHT(ジヒドロテストステロン)が関係していると言われておりフィナステリドはこのDHTの産生を抑えることで脱毛(抜け毛)を抑制します。
また、フィナステリドは、FDA(米国食品医薬品局)により男性型脱毛症の治療薬として認可されており、世界60か国以上で承認されています。
フィナステリド(Finasteride)を有効成分とする経口薬には、プロペシア、フィンペシア、プロスカー、フィンカーなどがあります。
【フィンペシアに関する重要情報】ご注意ください
sg1-00039-01-100
《質問》
他のサイトで注文したらインドからキノリンイエロー(Quinoline Yellow)が入ってる商品が送られてきました。
オランダ屋で注文の商品は香港からキノリンイエローは入っていないフィンペシアが送られてきました。
どちらが本物ですか?

《答え》
欧米では着色料のキノリンイエローは発ガン物質として法律で禁止され、日本では注意勧告が出されています。
しかし製造国のインドでは禁止されていないため発ガン物質が入っていないフィンペシアと入っているフィンペシアの2種類が製造されています。
フィンペシア Finpecia
http://sigmasolns.com/finpecia_1_100/
btn10001_037

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの効果

有効成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症の原因の一つであるDHTの産生を抑制することで、抜け毛を防止します。
個人差はあるが、通常3ヵ月~6ヵ月の連日投与により効果が現れることが多いといわれます。

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの使用法
フィンペシアは通常、1日1回、フィナステリドとして0.2mg~1mg(上限は1日1mg)を服用します。

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの使用時の注意事項
男性成人のみ服用してください。(女性には効果が認められていません)
妊娠中・授乳中の方、また妊娠している可能性のある方は絶対にフィナステリドを服用しないで下さい。
肝機能障害のある方がフィナステリドを服用する場合は、医師にご相談ください。
フィナステリドを服用中、及び服用中止後1ヶ月間は献血をしないで下さい。

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの副作用
肝機能障害、食欲不振の症状があらわれる可能性があります。
異常を感じた場合は、すぐに医師へ相談して下さい。

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックの成分説明
フィナステリド(Finasteride)1mg(有名AGA治療薬「プロペシア」と同一成分です)

フィンペシア(Finpecia)プロペシアジェネリックのその他の備考
インドCipla社製。インド製薬会社第2位。
インド第2位の製薬メーカーで2006年度売上高は8億2500万ドル。
欧米含む170カ国以上に製品を輸出。

Return Top