抗鬱剤

プロザック

プロザック(抗鬱剤)の特徴

プロザックは、SSRIと呼ばれる新世代の抗鬱剤の一つで、医薬品として扱われています。プロザックはアメリカで発売されてから爆発的な人気を呼び、世界中で2000万人以上の人々が使用していると言われています。これまでの抗鬱剤は、その副作用のため重度の鬱病患者以外には処方できませんでした。プロザックはこうした副作用が軽微なため、軽度のうつ病患者だけではなく、落ち込みや気分が重いといった軽い患者にも処方されています。アメリカでは、プロザックの使用によりビジネスマンが積極的になれた、自信が出て友人が増えたという評判から、多くの人々が日常的に服用しています。

脳内でのプロザックの働きは、ゆるやかで、時間を掛けて効果が現れるように作られているため、依存症になりにくいという特性も持っています。

プロザック(抗鬱剤)の使用法

プロザックは、1日に20mgから80mgを水と一緒に服用するのが一般的です。プロザックの詳しい使用分量については、医師・薬剤師などにご相談下さい。
プロザック(抗鬱剤)の使用時の注意事項

プロザックの副作用には、眠気、腹痛、下痢、口の渇き、めまい、睡眠障害、奇妙な夢、発汗、視力変化などがありますが、これらの症状のほとんどは、時間の経過によって軽減されます。プロザックの使用によって発疹などが認められた場合は医師にご相談下さい。
他の抗うつ剤同様、性欲減退もプロザックの一般的な副作用です。通常、プロザックの副作用については、心配の必要はないと言われておりますが、プロザック使用後に異常な症状がみられたり、プロザックの副作用について不安がある場合は、医師や薬剤師に相談してください。

モノアミン酸化酵素阻害薬を服用されている方はプロザックの使用前に必ず医師と相談・確認してください。また、プロザックの服用量の変更及び服用中止の際にも医師にご相談下さい。

プロザック・ジェネリック
FLUIN20C99
フルニル FLUNIL 20mg【プロザック・ジェネリック】100Cap
http://sigmasolns.com/flunil_20_100/
btn10001_037

Return Top