薄毛治療の効果と実感

ハゲ画像1
最近、テレビやラジオ、まはた電車の広告などでよくAGA(エージーエー)という言葉を見かけませんか?
これは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
男性型脱毛症とは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

薄毛の原因は食生活やストレス、間違ったヘアケア、男性ホルモンや遺伝が関係あるといろいろな説があります。
その中でも最大の原因といわれているのが、DHT(ジヒドテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの存在です。この男性ホルモンであるDHTが増加することで、薄毛を引き起こしているのです。このDHTという男性ホルモンは、必要以上の皮脂を分泌する作用があります。この皮脂が頭皮にある毛穴を塞いでいってしまうため、髪が育ちにくい体質になってしまうのです。
おデコがテカっている人や、整髪剤をなにもつけていないのに髪がベタベタする人は、他の人よりもDHTの分泌量が多いので要注意です。
DHTは、男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼTypeIIという還元酵素により変換されてでき、これが毛乳頭細胞にあるレセプターと呼ばれる受容体に結合することにより、毛母細胞に髪の毛の成長を抑制する信号を出させることで髪の成長を妨げ、発毛周期を急速に休止期へと追いやります。
DHTは、抜け毛後の新毛の発生を阻害し、髪を細毛にします。その後生えて間もない産毛の抜け毛が始まり、やがて髪は生えなくなります。これはDHTが毛母細胞の活動を弱める過程で起こる症状であり、出来る限り初期の段階で抜け毛対策をすることが理想的です。

男性型脱毛症は遺伝の影響が強いと言われているので、家族や親戚に薄毛の人間がいる男性は、諦めてしまうのがこれまででしたが、そんな方たちに朗報もあります。
社団法人である日本皮膚科学会が、国内外の論文に基づき、育毛剤や植毛などの推奨レベルを5段階で評価し、最も高いAランクとしたのが、フィナステリドとミノキシジルという2つの薄毛治療薬でした。(強く勧められる=A)

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)治療に最も効果があると認められている内服薬です。もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使用されてきましたが、治療中の患者の中に毛髪が濃くなるという意図しない薬効が現れた事により、毛髪環境の改善に効果的であるということがわかりました。1998年に販売されてからは、世界60か国以上で使用され、日本でも医薬品としてとして厚生労働省から正式に認可に至り、2005年末にプロペシアとして万有製薬より発売されています。フィナステリドは、早くて服用から3ヶ月で効果を実感することができます。ただし、効果には個人差があり、抜け毛が始まって放置している期間が長ければ、人によっては6ヶ月程かかる事があります。継続使用することで、使用者の90パーセント以上の人が抜け毛が少なくなった、発毛したなど何らかの効果が現れるとのことです。
ミノキシジルは、1980年代に製薬会社ファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。ミノキシジルには脱毛をストップさせ、髪を生やす効果が認められています。頭皮に液体を塗布する外用タイプと、錠剤を飲むタブレットタイプの2つがあります。ミノキシジルは、早ければ90日程度、通常なら6ヶ月程度で効果が見え始め、2~3年かけて効果が実感できます。
ミノキシジル内服の副作用を心配される方は、フィナステリドの服用薬とミノキシジルの外用タイプを併用される方が多いみたいです。どちらか1つだけを使うより効果もかなり期待できるとのことです。

薄毛治療を開始して、だいたい6ヶ月は継続使用する必要があることが分かりました。
でも6ヶ月間の薬代も決して安いとはいえません。
そこでお勧めしたいのがジェネリック医薬品です。
現在は同じ成分、効果のお薬を個人輸入で安く求める方が増えています。
有効成分フィナステリドを含有したジェネリック医薬品はフィンペシア、エフペシア、フィンカーカプセルなどがあります。
同じく有効成分ミノキシジルを含有したジェネリック医薬品には、ロニタブ、ツゲインなどがあります。

薄毛治療に取り組み、症状が改善された方はたくさんいらっしゃいます。
現在お悩みの方も諦めずに治療を始めてください。
貴方の人生に転機が訪れることを期待しています。
ジェネリックをおススメする理由

Return Top