薄毛治療の効果と実感

はげに効く薬

少し前までのはげって中高年ってイメージが強かったのですが、最近では少し変わってきているみたいです。
若はげとか女性の薄毛も昔に比べ聞く機会が増えているとのことです。
はげの原因はもちろん様々ありますが、1つの要因としてホルモンが関係しているらしいです。

「若年性脱毛症」とは、いわゆる若はげですが、成長期に男性ホルモンの分泌が盛んになり、その男性ホルモンの一つであるテストステロンが5αリダクターゼという還元要素と結びついて、ジヒドロテストロン(DHT)というより強力な男性ホルモンに変換します。

ジヒドロテストロン(DHT)は、毛乳頭細胞にある受容体と結びついて、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでしまうため、ヘアサイクルが乱れ、ハゲの原因になるといわれています。

ジヒドロテストロン(DHT)はハゲの原因だけではなく、体毛が増えたり、精力が減退したり、前立腺肥大などの作用があります。

男性ホルモンであるテストステロンを、ハゲの原因であるジヒドロテストロン(DHT)に変換しないようにする薬があります。

それがフィナステリドという成分です。
フィナステリドには、テストステロンをジヒドロテストロン(DHT)へ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害する効果があります。

だからフィナステリドははげに効く薬ていわれているのです。
現在では個人輸入で、国内で買うよりずっとお得にフィナステリドのジェネリックが購入できます。

はげの薬であるフィナステリドの効果が実感できるのは、個人差はありますが早くて3ヶ月、通常6ヶ月といわれています。

金銭面でハゲを諦めてしまう方もいるということなので、是非、同成分・同効果のジェネリック医薬品を購入して、お得にハゲに効く薬を手に入れてください。

Return Top