薄毛治療の効果と実感

抜け毛を改善するなら気づいたその時に

ハゲ画像2
現在抜け毛に悩んでいる方は、たくさんいます。
抜け毛が気になりだしたら、その時こそが抜け毛を改善させる絶好の機会なのです。
まずは抜け毛についてその原因を探り、これからでも出来るという改善策を探っていきましょう。

シャンプーをした後、髪をとかした後、毎日使っている枕、昔と比べて抜け毛が多くなったと感じていませんか。
そんな方には是非最後まで読んでもらいたいです。
あなたにとって抜け毛改善の大きなヒントになると思います。

髪の毛にも寿命があります。
年齢、性別などによって抜ける本数は変わりますが、髪は毎日抜けて新しい毛がどんどん生えてきます。
これがヘアサイクル(毛周期)というものです。
ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期に分かれています。
成長期の場合は、新しい髪の毛が成長しているのでいいのですが、退行期・休止期の髪の毛は成長しません。
抜ける本数と生えてくる本数がほぼ同じであれば、何の問題もないですが、ヘアサイクルの期間が短くなると、新しい髪の毛が生えてくる前に抜け毛ばっかりになってしまいます。
しかも毛根を包む組織である毛包がきちんと発育せず、退行期、休止期に入ってしまうと絶望的です。
この状態を壮年性脱毛症といいます。
つまり壮年性脱毛症とは、ヘアサイクルの期間が短くなり、ヘアサイクルが退行期・休止期になってしまった状態を言います。

その原因はなんでしょうか?

原因の一つといわれているのが男性ホルモンです。
男性ホルモンの一つであるテストステロンによって、前頭部や頭頂部の髪の毛は成長が抑えられてしまいます。
テストステロンが、毛髪や皮脂にある5αリダクターゼという還元要素により活性化されると、ジヒドロテストロン(DHT)というより強力な男性ホルモンを作り出してしまうのです。
髪の元になるタンパク質合成を阻害したり、皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせたりするのは、このDHTです。
つまり前頭部や頭頂部はこのDHTの影響を受けやすいといえます。

では、まずどうすればいいのでしょうか?

そもそも男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと結合しなければ、抜け毛は改善できるのではないでしょうか?
でもそんな都合のいい方法ってあんるんでしょうか・・・?

実はあります!!!

それが5αリダクターゼの働きを選択的に抑えてくれるフィナステリドなのです。
フィナステリドは、テストステロンと5αリダクターゼの結合を防止することができ、結果、DHTの生産の抑制してくれます。

即効性のお薬ではありませんので、効果が現れるまで3ヶ月から6ヶ月は使用してみてください。
効果が実感できるはずです。

フェルナンドはプロペシアという名前で売られていますが、更にお安く求めたいという賢い方は、プロペシアと同成分で同じ効果のあるジェネリック医薬品、フィンペシア、エフペシア、フィンカーカプセルなどをお勧めいたします。

シャンプーをした後、髪をとかした後、毎日使っている枕の抜け毛も、これで気にならなくなるはずです。

Return Top