薄毛治療の効果と実感

抜け毛を見てハッとしたことありますか?

人間と同じで髪の毛にも寿命があります。
だからシャンプー後や髪を梳かした後に、ある程度抜け毛があるのは問題ありません。
では、どのぐらいの抜け毛がある場合、気にした方がいいのでしょうか?

個人差はありますが平均ですと、30代男性で50~100本前後といわれています。
40・50代になるともっと増えてきます。

でも抜け毛の本数なんて毎日数えているわけではないので、自分がどれくらいの本数髪の毛が抜けているのか正直分かりませんよね。

だから、抜け毛が以前より多くなったとか、髪の毛が細くなった、髪型が思うように決まらない、毛根部分の形がいびつになっている、などと思ったらすぐにヘアチェックしてみて下さい。

特に夏場などは蒸していてたくさん汗をかくので、雑菌が増殖しやすいので要注意です。

といって、シャンプーのしすぎは良くありません。
シャンプーをする際は、まずシャンプーをよく泡立て、爪を立てないでマッサージをするように洗い、最後にきれいに洗い流すことを心掛けてください。

間違ったシャンプーの仕方は、逆に抜け毛を増やしてしまうので、なるべく丁寧にしてあげて下さい。
薬用シャンプーを使うのも効果的だと思います。

抜け毛の原因となるものはたくさんあります。
ストレスや生活習慣、喫煙、飲酒、運動不足、睡眠不足、遺伝…

数え上げたらきりがないですが、抜け毛を防ぐのにとても大切なことです。
どれも改善したけど抜け毛が多くなるとか、全部改善するのは難しいという方には、医薬品の抜け毛治療薬はいかがでしょうか?

『AGA(男性型脱毛症)治療』という言葉が、だいぶ世間に浸透してきました。
病院に定期的に通う時間がないとか、病院や薬局に行くのがイヤといわれる方にも、個人輸入でAGA(男性型脱毛症)治療のジェネリック医薬品が手に入れられます。

ジェネリック医薬品は、現在、市販されているAGA(男性型脱毛症)治療薬よりも安い値段で、同成分・同効果のお薬が購入できます。

海外ではフィナステリドを含有したジェネリック医薬品として『フィンペシア』、『エフペシア』、『フィンカーカプセル』などがあります。
ミノキシジルを含有したジェネリック医薬品には、『ロニタブ』、『ツゲイン』などがあります。

まずは効果が実感できるといわれている6ヶ月間、試してみてはいかがでしょうか?
抜け毛を気にしない毎日を送るために頑張って下さい。

Return Top