薄毛治療の効果と実感

1日の抜け毛の本数気になりませんか?

抜け毛について悩みはじめると、毎日どれくらいの本数の髪の毛が抜けているか、ちょっと気になりませんか。
髪の毛には寿命があり、成長期、退行期、休止期と状態が変化して最後には抜けてしまいます。

髪の毛は毎日抜けて、また新しい髪が育っているのです。これがヘアサイクル(毛周期)です。
通常、成長期は、髪全体の80~90%を占めていて、個人差にもよりますが2~6年続きます。

このヘアサイクルが崩れ、成長期の期間が短くなり、抜け毛が増えていくのが男性型脱毛症の始まりです。

1日に抜ける髪の毛の本数は個人差はもちろん、年齢・性別などで変わってきます。
10~20代男性で平均20~80本、30~50代で50~180本ということでずか、個人差・季節にもよりますので、これ限りではありません。

ただ、やはり抜け毛がこれまでと比べて増えたとか、気になると感じた方は、その時こそが抜け毛対策をする時だと思います。

抜け毛の原因は遺伝・生活習慣などいろいろあると思います。
では、効果的な抜け毛対策とは何でしょうか。

抜け毛が進行するのはテストステロンという男性ホルモンが増加し、毛包の細胞質にある5αリダクターゼという還元酵素により、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるからです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は強力な脱毛ホルモンで、毛母細胞の活動を低下させ、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまって、抜け替わるたびにだんだん毛を細くしてしまいます。

フィナステリドは、5αリダクターゼの作用を阻害するお薬です。
5αリダクターゼが阻害されることにより、テストステロンが抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に返還されることがなくなります。

テストステロン自体にはハゲの原因になる要素はありません。
むしろ男性フェロモンとして、筋肉増大・たんぱく質同化作用の促進・やる気の促進・快楽増加などの効果があり、増やしたいと思っている男性が多いほどです。

フィナステリドを含有しているお薬には、エフペシア、フィナステリド、フィンサバ、プロスカーなどがあります。
抜け毛治療の効果を実感するには、早くて3ヶ月、通常では6ヶ月は必要といわれています。
長期で使用することを考えると、個人輸入で同成分・同効果のジェネリックで費用を抑えることは重要になると思います。
抜け毛の悩みを改善するために、是非賢い方法を見つけて下さい。

Return Top